[就活]就活の心得 新卒の面接ポイント

必ずしも不利じゃないって本当?面接での伝え方にポイントがある ≪ 留年や浪人は、それだけで不利?(1)≫

浪人や留年を経験した方から、「それだけでもう不利ですか?」と質問を受けることがあります。

答えは「NO」。

どんな理由なのかと、 どのように伝えるかによって不利かどうかは変わります。

具体的に解説をしていきましょう。
このページでお伝えすることは、浪人・留年のことに限らず面接で話す内容一般に言えることでもあります。

ご参考になれば嬉しいです。

伝え方のポイント

事実を伝える

まずは事実を伝えます。

ただここで注意なのは、「余計なことまで言わない」こと。
主要な事実は伝えつつ、 素直すぎる気持ち、例えば「まだ働きたくない」など、働くことに後ろ向きな発言や今なお不安定な状況・精神状態にあるような表現はしないように注意を払いましょう。

出来事の背景にある「思い」を盛り込む

「~~という思いがあったので」 「もともと~~と考えていたため」 など、出来事の背景にある あなたの思いを言葉として盛り込みましょう。
 思いが伝わるのとそうでないのとでは、 伝わる熱量が変わります。  

例えば 「第一志望に落ちてしまったので 浪人して再挑戦しました。」と、 思いを含めて伝えない場合は、受け身だったり安直に決めたような印象を受けます。
それよりは、「第一志望に落ちてしまったのですが、 私としてはどうしても~~という思いがあったため、浪人して 再挑戦することを決めました。」と 伝える方が、志望校に対する思いや重みが 伝わりますよね。

言葉ひとつにこだわる

浪人や留年などの話をする場合、「志望校に落ちた」や 「単位の計算を間違えた」など、 基本的にはネガティブな要因が 含まれることと思います。
その出来事がフラットに相手 (面接官)に伝わるために、 言葉ひとつひとつにこだわりましょう。

「決めました」なのか
「決心しました」なのか
「決断しました」なのか。

言葉ひとつで印象が変わることを心に留めてくださいね。

失敗はシンプルに・潔く伝える

「単位の計算を間違えた」「単位取得を甘く見ていた」など、 ご自分の甘さや失敗が要因にある場合、 下手に長く説明をする必要はありません。
シンプルに潔く伝えてください。
 
言い訳がましくなってしまうと、 その分他責な印象を相手に与えます。

今振り返ってどう思っているか どう捉えているのかを盛り込む

失敗や挫折を経験した後、 今あなたがどう捉えているのか
 
「本当に甘かったと反省しています」 「苦い経験ではありますが、 おかげで目が覚めたと感じています」「遠回りはしてしまいましたが、 おかげでスッキリ進路変更できました」 など、振り返った率直な今の思いを整理しておきましょう。
 
このあたりが整理しておけると、 あなたが過去の失敗をもう 「クリアーしている」 「その状況から抜け出して成長している」ことが相手に伝わります。
今なおその状況・心境から抜けていない 場合、「振り返る」という行為自体が 難しいのです。

今後に向けた思いを盛り込む

前の項目と少し似ていますが、失敗や挫折、苦境を通り抜け、 今後に向けた思いを整理しておきましょう。

また、具体的に何か改善しているかを述べられるとなお良いです。
 
「もうこんな迷惑は二度とかけたくないと思っています。なので、それ以降は常に余裕をもった計画をしています。」
「人より遠回りはしてしまいましたが、 その分充電をすることができたので、 これまでの分も取り返すくらい 頑張っていきます。」など。
  
本来、人生に失敗はありません。

失敗だと分かった後、そのまま流されるままになると、停滞や後退をするのです。

失敗だと分かった後、しっかり前を向いて先に進めば 失敗の経験は「学び」や「経験」になってプラスにはたらきます。

ぜひ、前を向いた姿勢・意思表示をしてくださいね。

世話・迷惑をかけた人への配慮・感謝を盛り込む

例えば浪人をすれば、予備校の 授業料が発生します。

留年をすると、授業料が1年分 本来よりも余計にかかります。
あなた自身で支払うならともかく、多くの場合授業料はご両親が負担して くださっていることでしょう。

なので、浪人も留年も、 あなたの人生ではあるのですがご両親に金銭的な負担をかけたことへの配慮・感謝が伝わるような 表現があると〇です。
そのことを何とも思っていないように伝わってしまうと、感謝のない人間と思われかねません。

他人からフィードバックを受ける

どのように説明するか、 言葉を練ることができたら、他人に話してみて「実際にどう 感じるか」、フィードバックを 受けましょう。
できれば就職課の方や新卒 エージェントなど、プロが オススメです。

もしくは就活を終えた先輩。
皆に言われることは、改善しましょう。

1人よりは数人に訊いてみてください。

人によって言うことが違った場合には、自分の価値観で決めたらOKです。

ここまで挙げたのは細かな ハウトゥになりますが、大前提はどのように伝えると、 自分の状況を理解してもらえるか。 自分の真意が伝わるか。です。

自分の状況や思いを真摯に伝え、 「それなら仕方ないか」と 前向きに捉えてもらえるよう伝えましょう。

「前向きに捉えてもらえるように」と 書くと打算のような聞こえますが、 違います。
面接官も人間ですから、数十年を生きる中で、悩んだり止まったりしているはずです。

「まぁ、そういうことあるよね。」とか、「まぁ、学べたなら良かったね、 これから頑張りなね」という風に、 人間同士として理解してもらい、情状酌量してもらう。そんな感覚です。
 次に、先ほど挙げたポイントを 盛り込んだ具体例で見てみましょう。
 
>次は留年や浪人が不利じゃなくなる伝え方の具体例をお伝えします。

❏タイプ別・年齢別《転職サイト》

困った時に頼りになるのが《転職エージェント型》
多くの企業の中から探したい時は《転職スカウト型》
まず自分の適性を把握したいなら《適職診断》開始!
転職エージェント転職スカウト適職診断


タイプ別転職サイト■
第二新卒ハイクラス転職女性転職
派遣転職新卒就活


年齢別転職サイト■
20代の転職30代の転職40代の転職50代の転職

❏こちらの記事も人気があります

1

これまでの記事 「面接に練習も本番もナイ!」《面接官目線の面接ポイント緊張対策(0)》 タイトルを見て、「えっ?」と思った方は多いのではないでしょうか。 面接対策をしていると、9割以上の方が相談に上げ ...

2

中途の場合でも当然だが、第二新卒であればなおさら、転職理由をどう伝えるかが重要である。 徹底的に紹介していこう。  転職理由の伝え方:まずは型から 私自身の転職活動を通して、この形にそって伝えられたら ...

3

転職を考え始めた第二新卒の方に、ぜひ考えてほしい7つのこと、続編。 ひとつ前の記事では、事実と事実でないことを見極めるといったことをお伝えしてきた。 これまでの記事 第二新卒の人に、ぜひ考えてほしい7 ...

-[就活]就活の心得, 新卒の面接ポイント

Copyright© あなたは《なぜ》はたらくの?働く意味を真剣に考えるワーキング広場 , 2021 All Rights Reserved.