[就活]就活の心得 新卒の面接ポイント

面接時は噛んでもOK!《面接官目線の面接ポイント:緊張対策(2)》

緊張以外にも、面接の場ではこんなものが「あってOK」です。

言い間違えて、OK。

一文近く間違えたなら「すみません、間違えました。言い直しますと、…」と訂正すればいいし、細かな言い回しのちがい程度なら「〇〇大学を出た、(←間違い)あ、いえ、入った理由は…」と、謝らずそのまま言い直してOKです。

トチって、OK。噛んで、OK。

こちらも、トチったり噛んだりした後にふつうに言い直せばOKです。
謝る必要もありません。

なぜなのかは、後ほどまとめてお伝えしますね。

間があってOK。

相手に訊かれた質問が準備外のことだった時や自分が話している時に内容が飛んでしまった時。
間が出来てOKです。

しっかり考えて、回答をしたり話そうとした内容を取り戻したりしましょう。

訊き直してOK

質問内容がよく聞こえなかったり意図が汲み取れなかったりした時に、「質問を訊き直しては失礼」と思ってそれっぽく答えてしまう人が時折います。
これ、ダメです。

相手の質問を理解できていないままテキトウに答えることの方がよっぽど失礼!
「すみません、もう一度よろしいでしょうか」と、きちんと訊き直してください。

この対応が出来ると面接官の信頼度はアップします。

なぜ、これらが「あってOK」なのか

言い間違える、トチる、噛む、間が出来る、訊き直す、どれもすべて、面接においては些末なことに過ぎないからです。
あなたにとっては「しまった!」だったり「うわ~恥ずかしい!」だったりするかもしれませんが、面接官からするとどーーーーーーーーでもいいコトなんです!

大事なのは、あなたがなぜその会社を志望したのか
あなたはどんな人間なのか。
何を経験してきて、何を考えているのか。
ココなんです。

想像してみてください。

あなたが企業の人事担当者だとして、会社を一緒に成長させていく大切な社員を募っています。
そこへ応募をしてくれた目の前の学生。

面接時間は1時間しかありません。
この短い時間の中で、判断をしなければいけないわけです。

「もう一回」はなく、チャンスは一度だけ。
グループ面接であれば1人あたりに割ける注意はもっと少なくなるし、面接時間が30分ということもあります。

面接官も必死です。

ね。
トチってないかとか、噛んでないかとか、そんなことはどうでもいいの。

代わりに、不器用でも不格好でもいいから、まっすぐ素直に話を聴かせてほしい。
それが面接官の思いです。

だから、堂々と言い直す。

堂々と間をつくる。

堂々と訊き直す。

面接官に対しては、遠慮したりおびえたりするのでなく、ぜひ感謝をもって、あなたのことを話してください。

「お時間くださってありがとうございます。」
「聴いてくださってありがとうございます。」
「教えてくださってありがとうございます。」

感謝を土台にして会話ができると、面接はコワイ場所ではなく、出逢いの場になり、シンプルに「企業と自分のすり合わせの場」になりますよ。

ポイント

◆言い間違えてOK!
◆トチってOK!噛んでOK!間があってOK!
◆訊き直してOK!
◆面接官は、あなたが「うまく話せるか」なんて気にしていない。
◆感謝をもって、堂々と話す。

次につづく

❏タイプ別・年齢別《転職サイト》

困った時に頼りになるのが《転職エージェント型》
多くの企業の中から探したい時は《転職スカウト型》
まず自分の適性を把握したいなら《適職診断》開始!
転職エージェント転職スカウト適職診断


タイプ別転職サイト■
第二新卒ハイクラス転職女性転職
派遣転職新卒就活


年齢別転職サイト■
20代の転職30代の転職40代の転職50代の転職

❏こちらの記事も人気があります

1

これまでの記事 「面接に練習も本番もナイ!」《面接官目線の面接ポイント緊張対策(0)》 タイトルを見て、「えっ?」と思った方は多いのではないでしょうか。 面接対策をしていると、9割以上の方が相談に上げ ...

2

中途の場合でも当然だが、第二新卒であればなおさら、転職理由をどう伝えるかが重要である。 徹底的に紹介していこう。  転職理由の伝え方:まずは型から 私自身の転職活動を通して、この形にそって伝えられたら ...

3

転職を考え始めた第二新卒の方に、ぜひ考えてほしい7つのこと、続編。 ひとつ前の記事では、事実と事実でないことを見極めるといったことをお伝えしてきた。 これまでの記事 第二新卒の人に、ぜひ考えてほしい7 ...

-[就活]就活の心得, 新卒の面接ポイント

Copyright© あなたは《なぜ》はたらくの?働く意味を真剣に考えるワーキング広場 , 2021 All Rights Reserved.