[就活]働き方の心得 [就活]就活の心得 [就活前]働く準備・就活準備 やりたい仕事を見つける

就活前の準備♪身近な人の「はたらく」をもっと知ろう!

就活がまだ先の、1~2年生の皆さん。
あなたは「はたらく」ことを身近に感じていますか?

親が自営業でもない限り、私たちは親が「はたらいている」姿を直接目にすることはありません。
また、親の方から仕事の具体的な話を子どもにしてくることも、あまりないのではないのでしょうか。

自分の両親の仕事は?どんな経緯で今の仕事をしているのか?

自分の親がどんな会社で毎日「何」をして過ごしているのか、
「何」をしてお金をもらっているのか、

リアリティをもって理解している人はほとんどいないと思います。
実際、筆者自身も親の経歴を知ったのは就職活動の時期でした。

父が卒業直後に友人を会社を立ち上げすぐに失敗したということも、母が銀行に就職した後、友人の誘いで同業他社に転職したということも、2人して転職回数が2回という、世代的には多い方だということも、21歳になるまで知らなかったんです。(笑)
就活にあたって、「自分の軸を整理する」のが大事だってことは耳にしたことがあるでしょう。

でも、はたらく、ということを身近に感じないまま自分がいかにはたらくかを模索することは、難しいと思うんです。

アルバイトと社員の「働く」は違う

アルバイトを経験している人は、「バイトしてるし、仕事の感覚はなんとなくわかる」って思うかもしれません。
でも、アルバイトと社員の「はたらく」って全然違います。

アルバイトは【〇時間働く】ことが求められますが、社員は【〇〇の成果をつくる】ことが求められます。
「まだ終わってないけど時間だから上がります♪」ってことは、無いんです。

過ごす時間だって、週休2日であれば月曜から金曜までみっちり1限~5限あるのと同じイメージ。(笑)
それがずっと続くのです。

加えて、残業が発生する会社がほとんどだから1日1時間~多いところで5,6時間、もっと多くの時間を会社で過ごすかもしれない。(労働基準法がどうこうではなく、実情として。)
アルバイトよりももっと、自分のこころと身体を傾ける楽しさがあるんです。^^

だから、アルバイトとは別物として身近な人の「はたらく」に興味をもってほしい。

両親だけでなく、親戚であったり、サークルのOB・OGだったり、いろんな社会人の話を聴いてみてほしいんです。

毎日どんなことをしているのか。どのような場所・環境で、どのような(属性)人達と、どんな会話をしているのか。
具体的なイメージが出来るまで、質問して仕事を理解してほしいです。

・どんな時に仕事のやり甲斐・達成感・楽しみ・歓びを感じるのか。
どんな時に大変さ・苦しさ・辛さを感じるのか。それをどう乗り越えるのか。
今、何か目標にしていることや目指す方向性があるのか。
・その仕事はどういう人に喜ばれているのか。

こうした、「思い」や「感情」にフォーカスして、話を聴いてみてください^^
なぜか。

社会人になれば、思いっきり「自分の時間」は無くなります。
朝起きてから会社に着くまでと、仕事を終えて会社を出てから寝るまでの数時間、それと休日が「自分の時間」になります。

でも、仕事中の時間も「自分の時間」と思うことができたら、仕事に行くことはやり甲斐であり、楽しみになるんです!
楽しみ、といっても遊びに行って楽しいような感覚とは少し違います。

浮かれたりするような「楽しい」というよりも、何かを達成した、実現した、やれることが増えた、感謝されたといった、「喜ばしい」「もっと、という意欲が増す」感覚なんです。
ここ数年「社畜」という表現がされていますが、それはこうした「喜ばしい」「意欲が増す」感情を失ったまま「ただ」お金をもらうためにそこにいる、こなす状態の人を指しています。

これを読んでいるあなたには、そうなってほしくない。

身近な人から話を聞き、「仕事」をイメージできるまで質問してみる

まずは両親や親戚から始め、10人は話を聴いてみてください。
年配の方の話を聴く時には、時代背景が異なることを前提にする必要があります。

できるだけ幅広い年代・業種・職種の人から話を聴きましょう。
いろーんな人がいて、きっと楽しくなるから!

話を聴くうちに、「私だったらどうかなぁ」ってイメージが少しずつ湧いてくるかもしれません。
書籍での情報収集もいいのですが、まずはリアルに声で話を聴くことをオススメします。

話を聴いて、「どうしてそう思ったんですか?」「どうやって乗り越えたんですか?」って質問してほしい。
就職活動の相談を受けると、自分がはたらいている姿が想像できない!はたらく現場のイメージがつかない!という人がかなり多くいます。

アルバイトと同じ感覚の人もいます。
はたらくことにイメージをもつということには、少なからず時間が必要です。

だからこそ、就活の旬の時期がスタートする前、1~2年生の間に、少しずつやってみてください^^
あなたが一般企業以外での就職を希望していても同じです。

ぜひぜひ、楽しく「はたらく」を身近に感じてみてください♪

❏タイプ別・年齢別《転職サイト》

困った時に頼りになるのが《転職エージェント型》
多くの企業の中から探したい時は《転職スカウト型》
まず自分の適性を把握したいなら《適職診断》開始!
転職エージェント転職スカウト適職診断


タイプ別転職サイト■
第二新卒ハイクラス転職女性転職
派遣転職新卒就活


年齢別転職サイト■
20代の転職30代の転職40代の転職50代の転職

❏こちらの記事も人気があります

1

これまでの記事 「面接に練習も本番もナイ!」《面接官目線の面接ポイント緊張対策(0)》 タイトルを見て、「えっ?」と思った方は多いのではないでしょうか。 面接対策をしていると、9割以上の方が相談に上げ ...

2

中途の場合でも当然だが、第二新卒であればなおさら、転職理由をどう伝えるかが重要である。 徹底的に紹介していこう。  転職理由の伝え方:まずは型から 私自身の転職活動を通して、この形にそって伝えられたら ...

3

転職を考え始めた第二新卒の方に、ぜひ考えてほしい7つのこと、続編。 ひとつ前の記事では、事実と事実でないことを見極めるといったことをお伝えしてきた。 これまでの記事 第二新卒の人に、ぜひ考えてほしい7 ...

-[就活]働き方の心得, [就活]就活の心得, [就活前]働く準備・就活準備, やりたい仕事を見つける

Copyright© あなたは《なぜ》はたらくの?働く意味を真剣に考えるワーキング広場 , 2021 All Rights Reserved.