Back to Top

TOP >  介護食レシピ一覧 >  介護食レシピ詳細

介護食レシピ詳細

2018/05/18 春キャベツとツナ缶の煮物
ポイント!!
飲み込むことが困難な方には最後に片栗粉でとろみをつけてもいいでしょう。

  • 材料(2人分)
    新キャベツ(芯を取り)  200g
    ツナ缶(小1缶)     80g
    だし汁        150
    砂糖         大さじ1/2
    みりん        大さじ1
    薄口醤油       大さじ2弱
    サラダ油       適量

つくり方

著者紹介


横田節子
家庭料理研究家。1953年、大阪生まれ。1973年、甲南大学在学中、土井勝料理学校に入社。7年同校で家庭料理指導。1986年、自宅にて地域の主婦、OLを対象に手軽にできる美味しい料理作りをモットーとした横田料理教室を主宰。1990年、惣菜大手食品会社(株)ロック・フィールドの料理顧問。商品開発、社員料理勉強会等に携わる。母の介護が必要になり、介護に専念するため2000年、14年間に渡る自宅での料理教室を閉鎖。2007年、売布にて料理教室を再開し現在に至る。加えて、毎月地方紙に料理レシピの提供を行っている。

2000年秋、同居中の母が脳梗塞で倒れ、在宅介護をしながら、介護されるようになっても、食べる楽しみ、美味しいものを食べたいという気持ちは誰にでもあると思い、介護しながら、無理のない介護食作りの提案をするために、初めて「介護しながら作る介護食」を著す。


著書紹介

「介護しながら作る介護食―ヘルパーさんにも読んでほしい―」

・発売日:2005年05月
・著者/編集:横田節子
・出版社:日本経済新聞出版社
・サイズ:単行本
・ページ数:151p