Back to Top

TOP >  ブログ一覧 >  ブログ詳細

ブログ詳細

投稿事業所

事業所・施設名

デイサービスセンター空石田事業所   通所介護(デイサービス)

事業所住所

京都府京都市伏見区石田森南町2番2

2017/11/10 LAST 研修

どーも僕です。

メガネが味噌汁の具になりました。橋本です。

わかっちゃいるけどやめられない。どうしても手の届く所に置いてしまう。
気付いた時には、メガネがスキーのボーゲンした時みたいになってるんです。

まっすぐに向いてる時には、そこまで不自由さを感じないんですが。
下を向く動きの時にはストンと落ちるわけですよ。

テフロン加工されてるんかと思うぐらいです。

その結果、ご飯中ですと味噌汁の具になったり、ハンバーグの添え物になったりするわけです。
パッと見お洒落なカフェとかで出てきそうな料理に見えなくもないですけどね。

子供達大ウケ。
いや、覚えてないやろうけど、お前らのせいだよと。

今すぐ買い換えたいんですけど、子供の成長待ちです。
なんと素敵な理由でしょう。

お金がないとかの理由じゃないんです。

子供の成長待ち。

待つ待つ!!
そんなんいくらでも待つがな!!

元気で健康に、メガネはクイッとしちゃいけないものなんだな!
しちゃうとテフロン加工になるんだな!って理解してくれる子に育ってくれぃ!!

さてさて。

外部に依頼する研修も今回で一区切り。約一年間勉強させて頂きました。
最後の研修は、認知症について。中核症状や、理論・理念について。


聞けば聞くほど分からなくなっていくこの感覚。
奥が深いです。
HUNTER×HUNTERの「念」ぐらい奥が深い。

ざっとですけど。

認知症では、加齢による脳の病的な変化や病気などによる脳の障害により
脳の細胞が壊れます。その脳の細胞が担っていた役割が失われることで起こる症状を「中核症状」と言います

一方、中核症状によって引き起こされる二次的な症状を「行動・心理症状」や「周辺症状」と言います。
BPSD(Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia)という略語も使われています。

中核症状とは一般的に「認知症の方なら誰でも現れる症状」のことです。

・記憶障害
物忘れや、さっき起きた出来事が思い出せない、覚えていたことや知っている人の名前が思い出せないなどの症状

・見当識障害
自分が今どのような状況に身を置いているかを把握する能力のこと。
年月日や時間、季節、場所、人物などが分からなくなります。

・理解・判断力の障害
物事の理解に時間がかかり、一度に複数のことを言われる、行動しようとすると理解が難しくなる症状。

・実行機能障害
物事を計画的に考えて効率的に実行できなくなります。

・失語・失認・失行
失語とは、言葉を司る脳の部分が機能しなくなり、言葉がうまく使えなくなる状態
失認とは、身体的には問題がなくとも、「五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)」による認知力を正常に働かせ、状況を正しく把握することが難しい状態
失行とは、身体を動かす機能の障害はみられず、行動しようとする意思はあるものの、今までの生活で身につけていた動作が行えない状態

上記の事を理解する、知っておくことで、
もし、自分の親がそうなった時に、「何でこんな事も出来ないの!?」と失望と悲観や、怒りを味わう度合いが変わるんじゃないでしょうか?
自分の親ですから、客観的に見るのは難しいかもしれませんが、「理由が分かる」のと「理由が分からない」では
精神的な不安が大きく変わると思います。

これからの為に、知っておく。
自分が楽になる為の一つの手段だと思います。

今は、インターネットでも簡単に知識が手に入る時代です。
それを全部信じるのは危ないんですが・・・。
有効に使っていってもらえたらなぁと思いますよ。

こんな真面目な内容の時もあるみたいですよ。

前へ 次へ 

コメント


このブログにコメントをする

名前