Back to Top

TOP >  ブログ一覧 >  ブログ詳細

ブログ詳細

投稿事業所

事業所・施設名

ドクターネイル爪革命 京都出町店   訪問診療

事業所住所

京都府京都市上京区表町27 サンライズ出町1F

2016/10/12 巻き爪になってしまう原因って?

◆巻き爪の原因

巻き爪になる原因を知らなければ、たとえ一時的に改善しても、再発してしまうかもしれません。


【1】 靴による圧迫
靴によって爪の両脇が圧迫され続けることが原因です。

靴の先端が細い靴は、巻き爪になりやすい靴と言えます。

立ち仕事中心の方などは、足に負担をかける時間も長くなり、巻き爪になりやすいです。

 


【2】 深爪
深爪が原因になるのは、肉や皮膚の部分が増えてしまうことです。

 

爪周りの肉や皮膚が盛り上がって爪の成長を妨げ、一方で爪は伸びようとするので変形し、

巻き爪になってしまうのです。

 

深爪の人はかなりの確率で巻き爪になります。
 

 

【3】 爪の形状(遺伝的要素)
巻き爪がそのまま遺伝するということではなく、

”巻きやすい“という爪の形が遺伝するということです。

 

ご両親のいずれかが巻き爪で悩まされている方は、

他の人よりも巻き爪になるリスクが高めだと思ったほうが良いかも。。。

 


【4】 運動やスポーツ
足指の爪をぶつけたり、指や爪に激しい負荷をかけすぎると、

爪の側面や周辺の肉の部分に炎症を起こすことがあります。

 

そこが盛り上がってしまうと、両端から爪を圧迫し、巻き爪になります。

ダンス、バレーボール、サッカー、バスケットボール、テニス、ジョギングなど、

つま先に大きな負荷がかかる運動や、瞬発力を必要とするスポーツをすることで

巻き爪になりやすくなります。

 


【5】 加齢
爪は加齢により厚くなります。

厚くなると、爪全体に水分が届きづらくなり、爪が硬くなります。

年齢を重ねるとともに爪の水分が徐々に蒸発していき、硬くなって縮んでいきます。

 

また、爪は放っておくと自然に内側へ湾曲する性質があるため、

歩行による下からの圧力が足りなくなると爪が巻きやすくなります。

 

 

【6】 肥満、妊娠
足の爪は常にあなたの体重を支えている大事な部分です。

 

慢性的な肥満や妊娠などによって急激に体重が増加したという方は、

それだけ指や爪に大きな負担がかかるので、陥入爪や巻き爪に悩まされやすくなります。

 

 

【7】 爪水虫

爪白癬(つめはくせん)と呼ばれる爪の水虫が原因で、巻き爪が引き起こされる可能性があります。

爪水虫は、白癬菌と呼ばれるカビの一種で、爪の中に侵入し菌糸を作ることで爪水虫となります。

だんだんと爪がボロボロになり、変形が生じるようになるので、

爪水虫によって巻き爪が引き起こされるという仕組みです。

爪水虫の場合は、まず医療機関での治療が最優先です。

 

◆巻き爪の自然治癒はほぼしない!

「痛いけど我慢できる、いつか自然に治るだろう」という自己判断をするのは危険です。

まだ痛みを感じていなくても、なにか「変だな」と感じることがあれば、

足専門サロン 【ドクターネイル爪革命 京都出町店】にお気軽にご相談ください。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
~大好評!足の事が分かる、専門家の無料相談会 実施中~

「京都 巻き爪&外反母趾&足トラブル」
フット&ボディのトータルケアサロン
【ドクターネイル爪革命 京都出町店】
お問合せ&ご予約 : 075-744-6210

24時間予約受付中!Pontaポイントも貯まります☆彡
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000319841/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

前へ 次へ 

コメント


このブログにコメントをする

名前