Back to Top

TOP >  ブログ一覧 >  ブログ詳細

ブログ詳細

投稿事業所

事業所・施設名

ドクターネイル爪革命 京都出町店   訪問診療

事業所住所

京都府京都市上京区表町27 サンライズ出町1F

2015/06/08 インソールって必要?

京都 足ケア・巻き爪の専門店 

ドクターネイル爪革命 京都出町店 

北尾幸裕です。


梅雨に入ってから中々すっきりとしない天気が続きますね!
気温もそれほど上らず涼しいですけどね。。。

さて、以前インソール(靴の中敷)についてご紹介しました。
http://ameblo.jp/dr-nail-kyoto/entry-12031644963.html
色々とご質問やメディソールのお問い合わせを頂戴しました。

そんな中、もう少しだけインソールについて書きたいと思います(=⌒▽⌒=)
 

インソール(insole)とは、靴文化の発達している海外から伝わった、
足と靴の間に入る中敷きのことです。

英語ではOrthotics(オーソティクス)と呼ばれ、
日本では通常「足底板」と訳されます。

きちんと調整された「足底板」には体の機能を整える作用があります。
 

 インソールには、靴を履いた時の足の異常な動きをコントロールする作用があります。

それにより、足からの異常な衝撃をコントロールすることができ、
膝部、股部、腰部などの痛みに対して有効な治療法となります。

当院では「Medisole」(メディソール)と「Bi-Op」(バイオップ)という、医学的な見地から足の機能を考えて作られたインソールを使用しております。

特に「バイオップ」はカスタムフルオーダーメイドでお1人ずつ足型を取って、
その型を元に石膏で足のモデルを作って製作していきます。

そして何と言っても10年も20年もへたることなく同じ形のまま使用できて、

崩れることはありません。(形状については生涯保証付き)

バイオップは、カナダのオリンピック選手の運動能力向上のために開発された

弾力性に富んだ「ポリニオレン」という特許素材を使用したインソールです。


今や世界中のアスリートや身体に障害を持つ方々に愛用されている
インソールの一つです。

 

 



なぜ、インソールって必要なの?

簡単に言うと、市販の靴は万人の誰にでも合うように作られていますが(いわゆる大量生産品)、
身体(足)のバランスは一人ひとり違うので、靴を各人のバランスに合わせフィットさせるためにインソールが使われます。

足に合っていない靴を履き続けていると、身体が歪んだり、傾いたりしてきます。

その歪みや傾きが、体のさまざまな箇所に痛みをもたらしたり、
なぜか分からないけれど気分がすぐれない、すっきりしない、すぐに疲れるなどの症状を生んだりします。

この歪みや傾きを矯正し、足のバランスを保つことで、身体の機能を整えるのです。

今一度、足元の健康を考えて今からでも遅くないケアをしていきましょう。

ドクターネイル爪革命は、トータルフットケアとして足に関して全体的に
ケアを行っております。
 

【まんぞく】とは『足が満たされるから満足』っていう

ご予約は24時間オンライン受付!
HotPepperビューティー
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000319841/


足のトラブルお悩みの方、
Dr.ネイル爪革命 京都出町店にご相談下さい。

お子様もご一緒にどうぞ
もちろん、男性も大歓迎!

お問い合わせ・ご予約は
075-744-6210

お気軽にご連絡くださいませ。
お待ちしております。

足専門店  ドクターネイル爪革命京都出町店
http://dr-nail-kyoto.com  ←スマホ ポイント会員募集中!
http://dr-nail-kyoto.on.omisenomikata.jp/

【Facebook】
https://www.facebook.com/dr.nail.kyoto

【Twitter】
https://twitter.com/DrNail_kyoto

【Dr.ネイル爪革命 京都出町店のブログ】
http://ameblo.jp/dr-nail-kyoto

【オフィシャル】
http://dr-nail.jp/

京都市|上京区|寺町今出川|出町|フットケア|巻き爪|うおのめ|タコ|角質ケア|リフレクソロジー|インソール|メディソール|カテキンミセル|コンフォートサポートソックス

前へ 次へ 

コメント


このブログにコメントをする

名前